桜の木とごみ

近年になって頻繁に取り上げられるようになった社会的な問題のひとつに、ゴミ屋敷問題があります。
他人から見たら不要なもの、いわゆるゴミでしかない物をどこからともなく集めてきてしまい、それらを一切片付けることなく、それに埋もれるようにして生活をおくっているといった方を取り上げた情報番組などは、一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。
また一軒家で生じている問題ほど表面化してはいないものの、集合住宅の一室などでゴミに埋もれるようにして生活をおくっている、いわゆる隠れゴミ屋敷の数も、増加の一途を辿っている傾向があるそうです。
これらは、心理的に見て孤独感などを紛らわすための行動であるとされているため、核家族化や高齢化が進行し、社会的に孤立していく人が増えていくことが予想されている今後の日本では、さらに増加の一途を辿ることも予想されています。

専門業者のサービスを活用する

こういったゴミ屋敷を片付けるにあたっては、精神的な面から見ても、ゴミの量や分別作業などの必要性から物理的な面から見ても、第三者の介入によって片付けの手助けをしなければいけないケースが大半を占めています。
ゴミ屋敷の住人の心理的なサポートを行ないながら、片付けることを納得させたうえで処分を行なわないと、処分した後に再びゴミを集めてしまうケースもあるためです。
また処分のサポートを依頼する業者としては、不用品回収業者などを頼りにするといいでしょう。
品物一つ一つで金額を決めるのではなく、トラック単位での回収にあたってもらうことができ、ゴミの分別の必要なく回収をしてもらうことができるためです。
また不用品回収業者であれば、作業員の方を付けてくれるケースが多いため、回収作業をより短時間で終えることが可能となるのです。

オススメリンク

足の踏み場がない

時代とともに変わりゆく回収業

20年、30年前までは一般的だったちり紙交換は1990年頃から見かけなくなっています。ちり紙交換とは、家にある […]Read more
スッキリした部屋

快適な生活を取り戻す

汚れたものがたまった台所では食欲もわかず、料理するのも億劫になりコンビに弁当の生活では健康にも悪いです。そこで […]Read more

関連リンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031